成運寺

成運寺物語※終了

成運寺 開設者りゅうの物語

なんでお坊さんになろうと思ったんですか?

会う人会う人に99%の確率で聞かれます。
なので、ここに記載します。

私は、この質問をされたら第一声に、こう答えております。

親が信仰熱心だったから

そこから先は言われるがままの人生です。

言い換えるなら

選択肢のない人生

その詳細を赤裸々に語ります。

葬式は葬儀社依頼。菩提寺と言われる決まった寺もなく、先祖代々の墓も霊園にある家庭に生まれました。

とは言いつつ、母は信仰熱心。縁あって毎月通うことになる寺が見つかり、
先祖代々のお経をあげてもらうことになった時のことです。

「坊さんになりなさい」
「坊主の世界に興味ある?」

当時の私は小学5年生です。

当然、将来に対して無関心です。

ただ、当時の私は小学5年生ながら人生の大きな選択を空返事で済ませてしまうのです。そうです。

空気読みましたw

その後、親元を中学卒業とともに離れ、思春期の全てを僧道生活(修行生活)に費やすことになりました。

高校・大学は坊主育成の寮がある学校へ入学・入寮。

しかし、同期生の周りはほとんどお寺で生まれ育った人たち。

わかって当たり前のこともわからず、覚えることの多さに困惑するも、何とか乗り越えられたのかな?w

とは言いつつ、在学中に技術・学問を学ぶも1つの疑問が生じました。

坊さんって悩みとかを癒す人だと思ってたけど・・・

また、卒業間近になり、将来について問われることになりました。

将来、住職になる為どうするの?

お寺を持つ=住職

在家出身でない者が僧侶として生活するには
①婿or養子として既存の寺院に入る

②大きなお寺で雇ってもらう

③自分の寺を建立する

ここで私は自問自答しました。

自分はどうなりたいの?

そんな私は成す術なく、大学卒業の年に②の人生を送ります。

それと同時に①の人生の選択が多く来ました。(縁談の話です)

しかし私は今でも疑問です・・・。

住職になるには愛から始まらない結婚しか無いの?

しかし③をするには莫大な資金が必要です。

葛藤する中、”もしかしたら”を期待し経営セミナーに参加しまくりました。

正直、得られるものは知識のみ。

えっ、お坊さんなの!?

そればっかりです。私は

坊主である以前に人間

そう肝に銘じて人と接するようにしています。

しかし坊主ってだけで、そうはいかないことに数年悩み続けました。

なぜなら、そこから先がないから・・・。

その中でたった1人だけ、

「あなたの夢を叶えたい」

そういってくれる人と出会うことになりました。

その出会いから視野が大きく広がり、自分の寺を建立する大きな決意が出来、
何より毎週日曜日の晩にブログを更新しておりますが、そう思ったのも、その方の影響と教えです。

今も自己投資を続けていています。(平成31年春から英会話も始めました。)

その結果、個人事業主として活動(ネットワークビジネス)を始め、夢・目的の達成への第一歩として、インターネット寺院 成運寺の開設に至ったんです。
それと同時に、ここまでしてくださった方々への恩返し。

1人でも多くの方々への恩送りをすることが私の人生であり、成すべきことと自己に誓いました。
その誓いはブログで更新しております。
https://note.mu/seiunzi/n/na29492dde0e5

私と接したことにより、少しでも人生のプラスになれたら。

そう思い、ブログの更新をしております!

最後に

仏教は心の拠り所であり、人生のマニュアル

道具を揃えるのも、それを実行に移すのも本人次第
そのマニュアルを広めていくのが坊主の役目

そう思っております。

何か、ほんの些細なことでもお困りのことがございましたら、ご連絡ください。
人生のコンサル。誠心誠意努めさせていただきます!